きょうとユニオンはこんなところです。

・働く中で困ったことがあったときに相談ができて、1人でも加入できる労働組合です。
・正社員、非正規社員、パート、アルバイト、どんな働き方でも、どこの国籍の方でも、相談・加入ができます。
・企業の枠にとらわれず、地域のつながりに力を求める労働組合です。
・転職して職場が変わっても、ずっときょうとユニオンの組合員を続けることができます。
・弁護士などの専門職をはじめとして、様々な領域の団体との協力関係があります。


労働相談(こんなことで困っていませんか?)

・解雇になり(そうです・ました)
・仕事のために病気や怪我をしてしまいました。
・残業を強要されましたが、残業代が支払われません。
・年次有給休暇を取れません。
・セクハラ、パワハラを受けています。
・会社が倒産しそうです。
・・・
そのほか、働いている中で、自分では解決できそうに思えないような困難や悩みがあれば、勇気を持ってユニオンに相談の連絡をしてください。
 組合に加入し、労働組合として使用者と交渉することで、問題の解決を図ります。

毎週水曜の午後1時から5時まで相談にご対応します。
来所相談については、お電話でお問い合わせください。
(相談は無料・秘密は厳守します)

ユニオンに加入するには?

 ユニオンは、経営者を除いて、基本的には働く人は「誰でも、ひとりでも」加入できます。正社員はもちろん、パート・アルバイト・派遣・嘱託などの働き方や、国籍や性別、年齢も問いません。失業中の方でも加入できます。 
 加入希望の方とは、あらかじめ相談と面談を経た上で、所定の加入申請書に必要事項をご記入の上、提出して加入金をお支払いいただく必要があります。
 詳細は組合事務所にご連絡ください。(手続き概要)

 あなたが働く職場での労働組合結成も支援します。職場の仲間と労働組合を結成したら、労働組合として勤め先と交渉を行うことができます。賃金をはじめとした労働条件の改善には労働組合の交渉力が不可欠です。きょうとユニオンは職場分会の結成や活動を支援し、ともに交渉に臨みます。これについてもきょうとユニオンまでご相談ください。 
 

きょうとユニオンの活動について

 「きょうとユニオン」は、日々の活動の柱として、労働相談活動の他、使用者企業との団体交渉、労働委員会での解決の支援、労働審判や裁判の支援を行っています。
 そのほか、労働局等への申し入れ、最低賃金アップを訴える宣伝行動、社会問題に関する諸活動も積極的に行っています。

 また、組合員相互の交流の場として、サークル活動を行っています。「ユニオン農園(畑仕事を一緒にする会)」「福祉座談会(福祉関連で働く人・福祉に関心のある方たちの交流会)」「絵画サークル結(一緒に絵を描き、絵画を通して交流する集まり)」「ユニオン亭(手作りの持ち寄り飲み会)」「スタッフ養成講座(書籍や映画を題材にした学習会)」「アルンディ(地域に根ざして、様々な社会問題を考え討論する集い)」等、様々なサークル活動を行っています。ぜひご参加ください。
 

無料労働相談(13時~16時)

075-691-619
1

メールでのご相談はこちらからご連絡ください